熱田の森文化センター 

初級
先週のメニューの後、今日はコンテスト形式で、1.2.3位を決めました
一人ずつ名前を読んで踊ってもらう、オーディション形式で進めましたのですが、そこでとても感心することがありました

一人目の、ミヤビと言う生徒が踊る前に『お願いします!』と言い、踊り終えた後も『ありがとうございました。』と挨拶をしたんです
その後に続くほぼ全員が、『よろしくお願いします。』とか、『ありがとうございました。』と続いた。
もちろん一人目のミヤビも素晴らしいが、ミヤビが言わなくても、挨拶をしていた子はいたはず。ミヤビに影響を受けたとしても、良いと思ったことをすぐに取り入れる姿勢は素晴らしい

ダンスに優劣を決めることは、色々な意味でとても難しい
だから、最後に子供たちにこう言いました。
『今日は、振りや技のミスはあまり気にしないで、さっき先生が言った振りのポイントをしっかりやれてる子に点数を入れて、順位を決めたよ。でも、次にチェックするときは表情を細かくみるかもしれない。技をメインに見るかもしれない。それは審査する先生のそのときの考えで決める。今日の基準の中で良かった人がこの人達です。』と

コンテストの審査はそのときのジャッジに全て委ねられる。
オーディションなら、上手い人が受かるとは限らない、その役に合った人が選ばれる。
圧倒的なダンス力や表現力があれば良いだけの話かもしれないが…行き着くところ受けての好みは大きい。
カルチャーセンターかちがわでも同じことをやっているが、ある程度の競争心は必ず成長に繋がります。
今日が、生徒達にとって有意義な時間になってくれていれば嬉しいです!

中級
新しい振付開始!振りが早いね、難しいね、でも、今のみんななら必ず踊りこなせるよ
また来週も頑張ろー

特別
いつものメニューをしっかりやりました。来週はイベントリハの時間を増やす予定です
ビシバシいくよー
[ 2013/01/29 22:49 ] TEAM・CLASS日記 | TB(0) | コメント(-)