DANCE DYNAMITE 2018 Report 

小学生部門は
【Q-vexxxxcharm】(キューベクスチャーム)
【GEEK PEAK】(ギークピーク)
【Central Eruptions】(セントラルイラプションズ)
【LEGIT】(レジット)


中学生部門は
【Earthy in Jazz】(アーシーインジャズ)
【Attractive Dmate】(アトラクティブディメイト)
【TSUMAMI】(ツマミ)
【DIPPPA DEEP】(ディッパディープ)

高校生部門は
【Fer】(フェール)

D-highプロデュースではありませんが、朝季が【geek vier sheep】(ギーク フィーア シープ)として、一稀が【high-five】(ハイファイブ)として、高校生部門に参戦しました。

そして、オープンクラスでも、D-highに所縁のあるダンサーがたくさんで出場していました。


どのチームも本当にかっこ良かったです。
チャレンジしたダンサーたちを心から尊敬します。
手前味噌ですが、D-highのメンバーたちはチームの中で確実に成長したと思いました。

結果は、【Central Eruptions】と【TSUMAMI】か決勝進出!おめでとう!!!

【high-five】も決勝進出!おめでとう!!!




ジャッジコメントでも似た言葉がありましたが、予選通過できなかったメンバーは、結果が出なかったという言葉だけで受け止めないでほしい。どんなチームにも長所と短所はあります。ダメな部分が無いチームはいないと僕は思います。
一つの結果からも、その過程からも、「何か」を発見して、ここからが新しいスタートだと思って頑張ってください!

チームダンスは、複数のダンサーで、その空間や音を埋めていきます。ちょっとキザな言い方ですが、空間と音を彩っていく感じだと思います。そこには正解も、不正も、完璧も、絶対もないかもしれません。でも目指す価値のあるものだと思います。それを一人ではなく複数でやることに難しさや面白さがあります。

僕がコンテストで少し結果が出はじめた始めたのは20代後半でした。今回挑戦したメンバーたちの年齢よりも後のことです。
はっきり言って、おじさんと言われてもおかしくない年齢ですね^^
だから、みんなにはまだまだ可能性があります。

結果が出たチームも出なかったチームも、良かったところと、良くなかったところを探してほしいです。
「失敗」からも得られることがたくさんありますから。
悔しさを抑えることは簡単にはできないので、その力を行動力に変えるべきです。
気がついたら、それらも楽しく思えるようになったら最高です。


当日は、必死すぎて、自分が撮った写真はこの一枚でした^^;



良かったら写真送ってください。

そしてまた感想なども聞かせてくださいね。


[ 2018/05/16 13:39 ] 報告 | TB(0) | コメント(-)